読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のやまさ

SEKAI NO YAMASA

Mac から Windows にリモートデスクトップした時にJIS配列(日本語)キーボードを使う方法

2016/4/28 更新

Microsoft Remote Desktop for Mac – HockeyApp で解決する可能性があります。 26 APR 2016, 03:19 Version 8.2.22 (8.2.22.618) のバージョンを使用して、私の Mac OS X Yosemite から Windows 10 Pro Insider Preview Build 14328 に接続したところ、問題無くキー入力が出来ました。

以下の面倒な手順を行わずセキュリティレベルも落とさずに繋ぐことができますので、是非お試し下さい。

追記ここまで


Mac から Windows へリモートデスクトップしたいときは Microsoft Remote Desktop を使います。

Microsoft Remote Desktop

Microsoft Remote Desktop

  • Microsoft Corporation
  • ビジネス
  • 無料

Windows 10 や 8.1 にもリモートデスクトップできるので便利なんですが、一点困った問題があって、JIS配列(日本語)キーボードが英語の配列(@が[などで入力されてしまう)になってしまい困ってました。

私は普段 Azure に Visual Studio とかの環境を仮想マシンで用意してて、Mac Book から使ってるのですが、括弧が思った通りのキーで入力されないのでものすごいストレスです。

色々調べた結果、なんとか使えるようにはなりました。 結局セキュリティレベルを落とすので、あまり望ましくないですが、とりあえずの回避策として載せておきます。

回避策

Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac で繋いだ後に、 Microsoft Remote Desktop で繋ぐ。

以下に設定と方法を記載します。

Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.1.1 をインストールする

Download Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.1.1 from Official Microsoft Download Center からダウンロード可能です。パッケージなので普通にインストールしてください。(ダブルクリックでインストール出来ない場合は右クリックから開くでインストール出来ます)

Yosemite で動くことを確認しました。

ただし、このツールは Windows 7 までの RDP にしか対応していないので、Windows の設定を変更します。

Microsoft Remote Desktop をインストールする

Mac App Store からインストールしてください。

Microsoft Remote Desktop

Microsoft Remote Desktop

  • Microsoft Corporation
  • ビジネス
  • 無料

Windows の設定を変更する

結構面倒です。セキュリティレベルを落とすので設定する場合は自己責任でお願いします。

gpedit.msc でローカルグループポリシーエディターを起動する。 f:id:nnasaki:20151022114104p:plain

管理用テンプレート - Windows コンポーネント - リモートデスクトップサービス - リモートデスクトップセッションホスト - セキュリティ とツリーをたどっていきます。

f:id:nnasaki:20151022114329p:plain

f:id:nnasaki:20151022114748p:plain

リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とするをダブルクリックします。

f:id:nnasaki:20151022114857p:plain

ダイアログが開くので、 有効 に設定し、セキュリティレイヤーを RDP に設定後、 OK をクリックします。

f:id:nnasaki:20151022115028p:plain

次にスタートを右クリックして、システムを開きます。

f:id:nnasaki:20151022115236p:plain

システムの左側にある リモートの設定 をクリックします。

f:id:nnasaki:20151022115354p:plain

リモートデスクトップの欄にある このコンピューターへのリモート接続を許可する を選び、 ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨) のチェックを外します。

f:id:nnasaki:20151022115540p:plain

最後に Windows を再起動します。

以上でWindows の設定は完了です。

Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac で Windows に接続する

Microsoft Remote Desktop Connection Client for Macを起動して、Windows マシンの IP や DNS 名を入力して接続します。

f:id:nnasaki:20151022120828p:plain

警告がでますが、そのまま接続します。

f:id:nnasaki:20151022120950p:plain

リモートデスクトップのウインドウを閉じて切断します。サインアウトせずにセッションを維持しておくのがポイントです。

f:id:nnasaki:20151022121147p:plain

Microsoft Remote Desktop で接続する

同様に接続します。 Untrusted Connection の警告がでますが、 Connect Once をクリックします。

f:id:nnasaki:20151022130914p:plain

以上で完了です。

まとめ

Windows の設定が若干面倒ですが、いちど設定してしまえば確実に JIS 配列キーボードが使えます。ただし、セキュリティ的に良くないので、使うときだけ仮想マシンを立ち上げる。VNC を構成して使う等したほうが良いと思います。

Remote Desktop のフィードバックはどこに投げれば良いんだろう…

参考サイト

dechnostick.hatenablog.com

d.hatena.ne.jp

blog.masahiko.info

一色さんの方法では再起動後に JIS キーボードのデバイスを認識しなくてダメだった…