読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のやまさ

SEKAI NO YAMASA

Windows Azure Mobile Services をコマンドラインツールで操作する

前回はインストール方法をご紹介しましたが、今回は使用方法をご紹介したいと思います。 リファレンスはこちらです。

Windows Azure Mobile Services で私がよく使うものだけピックアップしました。

テーブル定義を見る

カラムの名前、型等を確認できる

azure mobile table show サービス名 テーブル名

テーブルの中身を見る

SELECT * FROM テーブル名 TOP 10 と同様

azure mobile data read サービス名 テーブル名

テーブル操作

SQLでいえば DROP TABLE 相当。 テーブルに設定していたスクリプトや権限も消えてしまうので、スクリプトはダウンロードしておいた方が良い。

テーブル作成

azure mobile table create サービス名 テーブル名

テーブル削除

azure mobile table delete サービス名 テーブル名

スクリプト操作

ディレクトリ構造がローカル側もtable/テーブル名とする必要がある。

ダウンロード時に既に同名のファイルがあるとエラーになるので -o オプションで上書き設定をしている。

ローカルは git で管理して、サーバーへアップロードという感じでバージョン管理に役立つ。

スクリプトダウンロード

azure mobile script download  -o サービス名 table/テーブル名.insert

スクリプトアップロード

azure mobile script upload サービス名 table/テーブル名.insert

ログを見る

ストリーム(tail -f)のようには出来ない。いちいちリクエストするして3秒ぐらいかかるのが使いづらい。

azure mobile log サービス名