読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のやまさ

SEKAI NO YAMASA

IntelliJ Windows 版で Ricty フォントを使いたい!

この投稿は IntelliJ IDEA Advent Calendar 2013 の12日目の記事です。 前日は Vexus2 さんの IntelliJ IDEAのプラグインを作ろう! でした。

某いまいさんに洗脳影響をうけて、IntelliJ を去年あたりから使い始めています。
さて、突然ですが皆さん、プログラム用フォント Ricty をご存じでしょうか?

主に次の特徴があり、プログラマーが視認しやすい文字になっております。

  • 半濁音(パピプペポ)と濁音(バビブベボ)が大きく表示される
  • 記号等に独自の改良がされている

百聞は一見にしかずということで、次のスクリーンショットをごらんください。

f:id:nnasaki:20131212065856p:plain

このように Mac では、とても見やすいフォントとなっています。

ですが、Windows では次のスクリーンショットのように、全角文字が途切れた表示になってしまいます。

f:id:nnasaki:20131212065918p:plain

しかし! MacType というソフトを使用することで、次のスクリーンショットのように綺麗に表示することができます!

f:id:nnasaki:20131212065936p:plain

私が導入した手順は以下の通りです。

  1. Ricty フォントを生成する。私はRictyフォントをWindowsで生成する(2012年7月03日版)を見ながら生成しました。バッチを叩いて15分ぐらいかかった気がします。
  2. MacTypeを導入する。https://code.google.com/p/mactype/downloads/list からインストールします。
  3. MacType を設定する。スタートメニューから「MacType Tray」を開いて、ウイザード右上の独立モードを選択します。
  4. MacType のプロファイルを設定する。私の設定は「FT Opt」です。ちょっとぼやける感じもしますが、なんとなく Mac ぽくなります。

それでは皆さん、良い IntelliJ + Ricty ライフを!

明日は gd_yasu さんです。